Profile

Join date: Jul 2, 2022

About

日本代表がコロナの影響もありメンバー変更。フランスとの初戦に昇格のタタフ、茂野ら先発。

【ラグビー日本代表vsフランス】地上波テレビ放送、ライブ中継のネット無料&見逃し配信|リポビタンDチャレンジカップ2022

フランス代表は初戦から強力布陣! オリヴォン、プノー、ヴァカタワ、ジャミネら豊スタで先発

🔴LIVE🔴📺🥊👉 日本 vs. フランス ライブ

🔴GO LIVE🔴📺🥊👉 日本 vs. フランス ライブ

7月2日に愛知・豊田スタジアムでおこなわれるビッグマッチへ向け、日本代表の試合登録メンバーが発表された。相手は、来年の自国開催ワールドカップで優勝を目指し、世界ランキングを2位まで上げてきたヨーロッパ王者のフランス代表である。

「言うまでもなくフランスは世界のなかでも非常に強いチームだと思うし、自分たちにとっては大きなチャレンジとなる。キープレーヤーにけが人が何人も出たが、ハードワークしてきた。選手たちは本当にまじめに練習に取り組んできてくれたので、今週のパフォーマンスを楽しみにしている」(ジェイミー・ジョセフ 日本代表ヘッドコーチ)

 日本代表は、チームのスタッフが発熱して新型コロナウイルス感染が疑われ、接触していたHO堀江翔太、SH齋藤直人、FB野口竜司が抗原検査で陽性反応を示し隔離となった影響もあり、先週末にウルグアイ代表と戦った布陣から8人新しくなり、先発は6人替わった。

ナショナル・デベロップメント・スコッド(NDS)の活動を経て追加招集されていたLOヴィンピー・ファンデルヴァルト、NO8テビタ・タタフ、SH茂野海人がスターターに名を連ね、2019年のワールドカップスコッドメンバーである経験豊富な山中亮平が15番をつける。さらに、25日のウルグアイ戦でリザーブだったPRヴァル アサエリ愛とBKの中野将伍が先発の機会を与えられた。

ファンデルヴァルトは昨年のアキレス腱断裂から復活し、ジョセフ ヘッドコーチは「チームに戻ってきて嬉しい」と喜ぶ。「彼はすばらしい経験があるし、フィジカルが強く、すごくタフだ。調子も上がっているので、活躍を楽しみにしている」

 タタフと茂野もNDSのメンバーで編成されたチームの試合でしっかりアピールしていて、次は強豪相手のパフォーマンスが期待される。

 中野は昨秋のヨーロッパ遠征において2試合で13番(アウトサイドCTB)をつけ、所属する東京サントリーサンゴリアスではWTBでプレーすることも多いが、今回は12番(インサイドCTB)で先発となる。「中野は12番も合うと思う」とジョセフ ヘッドコーチ。「中村亮土がけがをしている(今夏のスコッドには不参加)ということもあり、彼がこのポジションでできるかどうかも自分としては見ていきたい」

また、リザーブには初キャップ獲得の可能性があるPR森川由起乙とWTB高橋汰地も入っており、指揮官は彼らのパフォーマンスも楽しみにしている。

「我々としては、速いラグビーで試合を展開していきたいと思っているが、まずはセットピースを安定させなければならない」

 ファンの前でジャイアントキリングを期待される日本代表のジョセフ ヘッドコーチは、自分たちのゲームプランがフランス相手にどこまで通用するか見てみたいと言った。

「フランスはすごくセットピースが強いチーム。ラインアウト、スクラムを活かしてパワーラグビーをしてくると思うので、そこにしっかり対応していくことが大事になってくる。我々はボール・イン・プレーを増やし、自分たちのアタックをしっかりしていくことが重要だ。ただ、バランスが大事で、気候が暑くなりボールは(汗で)すごく滑ると思うので、そこのバランスを考えながら自分たちのラグビーをしていきたい」

ラグビー日本代表は2日、豊田スタジアムでフランス代表とのテストマッチ第1戦に臨む。欧州6カ国対抗勢のうち、これまで日本代表が勝ったことがあるのは4チーム。そのうちアイルランドを除くスコットランド、ウェールズ、イタリアからは、蒸し暑い日が多い5、6月の日本で、相手の一部主力が欠けた中で初勝利を挙げた。

フランス代表もSHデュポンらが抜けており、会場がある愛知県豊田市の予想最高気温は30度超。初勝利を後押しする条件は整っているようにも思える。

ただ、自国開催のワールドカップ(W杯)を来年に控える欧州王者に油断はない。WTBルベルは「フランスでも暑さに対応するための準備をした」。来日後も炎天下で練習をこなすなど、日本の気候に体をなじませてきた。

7月2日に愛知・豊田スタジアムで日本代表とテストマッチ(第1戦)を戦うフランス代表の試合登録メンバーが発表された。

スターティングメンバーの総キャップ数は「207」。同じく若手も多い日本代表の先発15人のキャップ総数「257」よりも少なく、デビューとなる2人もスタメンに名を連ねた。

それでも、2019年のワールドカップに出場したWTBダミアン・プノー、CTBヴィリミ・ヴァカタワ、FLシャルル・オリヴォン、PRデンバ・バンバがいる。今年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)で全勝優勝を決めることになったイングランド代表戦に出場していたメンバーは、プノー以外には、不動の15番となったメルヴィン・ジャミネ、セットピースの核となるPRジャン=バティスト・グロ、HOペアト・モヴァカ、LOチボー・フラマンもおり、FLディラン・クルタンとSHマキシム・リュキュもグランドスラム達成の瞬間にフィールドにいた選手たちだ。

さらに、今回の試合登録メンバー23人中13人は来日前にバーバリアンズとしてイングランド代表と対戦し、52-21と圧倒して自信をつけている。

そして、太ももの故障から復活したマチュー・ジャリベールがフランス代表の背番号10を取り戻し、日本代表戦でも司令塔としてゲームを操る。

日本代表はSH斎藤(東京SG)、FB野口、フッカー堀江(ともに埼玉)に加え、この日になってSO山沢拓もコロナ陽性で登録メンバーから外れた。SH流(東京SG)もコンディション不良で離脱しておりハーフ団として痛手だが、SH茂野(トヨタ)やSO李にとってはアピールの好機。しっかり攻撃を組み立てたい。

カギはセットプレーと防御。接点でどこまで対抗できるかが勝負の行方を決めることになりそうだ。(橋本謙太郎)

前述の通り、6月から7月にかけて行われるラグビー日本代表テストマッチ4連戦をすべて視聴できるのは、衛星放送の『J SPORTS』と、ネットの『J SPORTSオンデマンド』のみとなる。

ネットの『J SPORTSオンデマンド』はAmazonプライムビデオチャンネルから視聴可能。プライム会員登録が必要だが、プライム会員の初回登録は30日間無料となる。

また、『J SPORTSオンデマンド』をAmazonプライムビデオチャンネル経由で登録すると、初回14日間の無料体験が付帯しているので、ラグビー日本代表戦を視聴したいユーザーにはオススメだ。

以下では、Amazonプライムビデオチャンネルより『J SPORTSオンデマンド』の無料トライアルに登録する方法を紹介する。 これでJ SPORTSオンデマンドへの加入が完了。初回の場合14日間の無料体験が付いている。

なお、J SPORTSオンデマンドの登録は自分でキャンセルをしない限り、自動更新となるので注意が必要だ。(無料トライアル終了後は月額2,178円) その他、Amazon Prime Videoチャンネルでは、無料で視聴できるプライム映画やドラマなどが豊富に揃うので、ぜひチェックしてみると良いだろう。

【ラグビー日本代表 テレビ放送予定】リポビタンDチャレンジカップ2022、ラグビー日本代表対フランス代表の試合日程・キックオフ時間・中継ライブ配信予定を紹介。

ラグビー日本代表のテストマッチ『リポビタンDチャレンジカップ2022』が2022年7月2日に開催される。

▶Amazonでラグビー日本代表戦を配信!無料トライアル視聴はこちら

本記事では、ラグビー日本代表テストマッチ2022・フランス戦の試合日程、テレビ放送予定、無料視聴方法を紹介する。

ラグビー日本代表、フランス戦のキックオフ時間は?

ジェイミー・ジョセフヘッドコーチ率いるラグビー日本代表は、7月2日に愛知の豊田スタジアムで、欧州の強豪フランスと対戦

来年のラグビーワールドカップで優勝候補のひとつとされるフランス代表“レ・ブルー”の、ベストメンバーではないかもしれない。アントワンヌ・デュポンやロマン・ンタマックといった世界的スターは休暇中で、来日したスコッドは経験が少ない選手も多数含まれている。しかし、ランキングが8つ下(10位)の日本代表を侮ってはいないことがわかる強力な布陣をそろえてきた。

 7月2日に愛知・豊田スタジアムで日本代表とテストマッチ(第1戦)を戦うフランス代表の試合登録メンバーが発表された。

 スターティングメンバーの総キャップ数は「207」。同じく若手も多い日本代表の先発15人のキャップ総数「257」よりも少なく、デビューとなる2人もスタメンに名を連ねた。

今夏の日本代表強化の中でターゲットにしてきたフランス代表との2連戦が始まる。まずは、7月2日、豊田スタジアムでの対戦だ。ラグビーワールドカップ(RWC)2023フランス大会は、2023年9月8日に開幕する。ホスト国フランス代表は現在世界ランキング2位であり、悲願の初優勝に向かって着々と強化を進めている。今回のツアーではフランス国内最高峰リーグ、トップ14の決勝戦に進んだチームの選手たち、試合時間の長い選手たちは除外され、42名の若いメンバーで来日した。

 それでも、2019年のワールドカップに出場したWTBダミアン・プノー、CTBヴィリミ・ヴァカタワ、FLシャルル・オリヴォン、PRデンバ・バンバがいる。今年のシックスネーションズ(欧州6か国対抗戦)で全勝優勝を決めることになったイングランド代表戦に出場していたメンバーは、プノー以外には、不動の15番となったメルヴィン・ジャミネ、セットピースの核となるPRジャン=バティスト・グロ、HOペアト・モヴァカ、LOチボー・フラマンもおり、FLディラン・クルタンとSHマキシム・リュキュもグランドスラム達成の瞬間にフィールドにいた選手たちだ。

 さらに、今回の試合登録メンバー23人中13人は来日前にバーバリアンズとしてイングランド代表と対戦し、52-21と圧倒して自信をつけている。

 そして、太ももの故障から復活したマチュー・ジャリベールがフランス代表の背番号10を取り戻し、日本代表戦でも司令塔としてゲームを操る。 djymrngf

【公式!!放送 】日本vsフランス生放送無料オンライン2022年7月2日

More actions